a photo a day

                            

ロシア製パノラマ

ファインダーなし、ピント合わせもなし(短焦点だから)、激シンプルなカメラ。
その名もホリゾント。1967~73年製造のロシア製パノラマです。
プラスチック製のトイカメラとして復刻されたと聞きます。

とにかく大好き。使ってて楽しい。溺愛してます。


014_convert_20110703132029.jpg
013_convert_20110703132531.jpg
スポンサーサイト



  1. 2011/06/30(木) 10:40:40|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

My Leica

私が使っているライカは、バルナックのⅢfです。

いろんなカメラを修理をしているうちに、パーツ取り用のジャンク部品がたまっていくんですが
そこからメーカー名が記されたメタルプレートなんかを剥がし、デコってみました。


010_convert_20110703122009.jpg
11111_convert_20110703131220.jpg
  1. 2011/06/29(水) 10:36:29|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

古いカメラ

私は古いカメラが好きで、いろいろ所有しています。
あ、所有しているだけではなくて、よく使います。
実は、修理したり、皮を張り替えてカスタマイズしたり、時には機能の改造もやる筋金入りのオタクです。

皆さんはカメラ修理業界のカリスマ、直井浩明師匠をご存知ですか?
私、いちばん弟子なんですよ!(弟子が一人しかいないから。)

というわけで、しばらくの間、私が溺愛しているカメラたちを紹介(自慢?)したいと思います。
今日はまず、最近こればっかり使ってる『ROBOT』から。


035_convert_20110703133707.jpg
008_convert_20110703133432.jpg


とにかく大好き。1940年代にドイツで製造された小さなカメラで、フォーマットが24×24mm。
シャッターをきるとゼンマイで自動巻上げするんですよ。
でも使い終わったフィルムを巻き戻す機能がない(笑)。
いちいち洋服ダンスの中(簡易暗室)に入ってフィルムを取り出し、手でパトローネに巻き込んでます。

新作「The Straight Story」は、このカメラなしでは作れませんでした。

  1. 2011/06/28(火) 20:51:01|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トニ・フリッセル

またレコード・ジャケットの写真です。

ジャズのレコードにはゾクッとするようなアルバム・ジャケットがいっぱいありますが
見たが最後、目が離せない1枚は、ビル・エヴァンスとジム・ホールの「Undercurrent」ではないでしょうか。

トニ・フリッセルの世界に音楽があるとしたら、きっとこれだなって思えるし
「Undercurrent」に映像があるとしたら、やっぱりこれなんだろうなって・・・思いませんか???



a0085805_8142684.jpg
  1. 2011/06/27(月) 14:55:19|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロバート.フランク

私の初ロバート・フランク体験は、、ローリング・ストーンズのアルバム「メインストリートのならず者」です。
タワーレコードで見て、かっこいいジャケットだなぁってドキドキしたのを覚えています。

その頃まだロバート・フランクを知らなかったので(笑)、なんの先入観もなく魅かれ、
後から名前を知り、彼の写真集を買い、影響され、今に至ります。


1.jpg

  1. 2011/06/26(日) 14:06:41|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンデルス・ピーターセン

トム・ウエイツのアルバム「Rain Dogs」のジャケット写真が、トム・ウエイツ本人だと思っていたのは
私だけじゃないですよね?

アンデルス・ピーターセンの「Cafe Lehmitz」を見た時、あまりにもショックで大きな声を出してしまいました。
・・・本人じゃなかったんですね。でも、そっくりじゃないですか???若い頃の彼に。

もともと私はトム・ウエイツが大好きで、中でも「娼婦たちの晩餐」というライブ・アルバムは
生涯のパートナーみたいに感じているんですが、
このレコードと「Cafe Lehmitz」って、ピッタリじゃないですか??
両方とも似たような世界観が漂っていると思うのですが、どうでしょう。



最愛の写真集です。
いつかオリジナル・プリントを買って家に飾りたいな。


oo.jpg
  1. 2011/06/25(土) 19:29:34|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイアン・アーバス

「甘い地獄」を撮っていた頃、ロサンゼルスにあるLACMAというミュージアムで
ダイアン・アーバスの大回顧展がありました。
「Revelation」の出版に合わせた展示内容で、プリントはもちろん、アーバスの遺品で再現した暗室や
オリジナルのコンタクト・プリント、自筆の日記などを数多く見ることができました。

彼女が自殺した写真家だからでしょうか、展示空間に胸が締め付けられるような濃い空気が立ち込めていて
目に何度も涙が溜まったことを覚えています。
客層が広く、中でも50歳以上の層の厚さを見て驚きました。
1ヶ月ほどの開催期間に4回足を運びましたが、今でも展示の細部が目に浮かびます。
今まで見た写真展の中で、最も印象的だったと思います。

だから・・・やはり「甘い地獄」の中に影響が見えているのではないでしょうか。


Revelations.jpg
  1. 2011/06/24(金) 19:26:44|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0