a photo a day

                            

あららビックリ


 帰宅したら、あららビックリ、家の中に赤ちゃんネコが3匹…

息子が1人でがんばって面倒みてた。
捨てられてて、学校の帰りに拾ってきたらしい。
さて、どうするか(笑)。


 もともとうちにはジッパー君というニャンコがいるので、
あと1匹くらいなら面倒みれるけれど、3匹はさすがに無理だなぁ。
残りの2匹、誰かもらって頂けないでしょうか。
3匹とも男の子。もう自分でカリカリも食べてます。
トイレの訓練はうちでやっておきますね。
超なつっこい甘えっ子。どうかよろしくお願い致します。

KC3V0031_convert_20121030210413.jpg

KC3V0045_convert_20121030211431.jpg





スポンサーサイト



  1. 2012/10/30(火) 18:59:00|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

苦情の電話

 昨日、友人宅で恩着せがましく三枚におろし
外に吊るさせたソウダカツオのみりん干しについて
先ほど本人から苦情の電話がありました。

「焼いたら鰹節になった」と。
「夕飯で出したけど誰も食べねぇ」と。


 そうだよね。
考えてみれば、カツオを干したら鰹節だよね。
だからカツオの干物って売ってないのか。
そんなにまずいんだ(笑)。
ま、余った魚はなんでも干してみたいのが人情ってことで。
すまん。


よい子の皆さんは真似しないでねぇ~





  1. 2012/10/09(火) 21:48:22|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この世は白馬の王子様だらけ


 昨日はいい天気でしたね。
私たち親子は、懲りずにまた釣りへ行って参りました。

近ごろ息子は母の言う「釣りに行くぞ~」の意図が読めてきたらしく(笑)
「今日は何がもらえるんだろうね」と言いいながら車に乗り込んで来ます。
正しく育ってるぜ、ローク。



 うちから海までほんの10分。
テトラポットに並んだおじちゃん達が、コロンコロンに太った30cmくらいのソウダガツオを
次々に釣り上げてるのが見えてきました。
おおっ!釣れすぎてタッチ&リリースしてる人もいるっ!
腹黒い私ったら、豪華な夕飯を思い描いて頬がゆるむゆるむ。
息子は息子で淡々と「目的達成まで時間かかんねぇな、この感じじゃあ」とか言うとるし(笑)。

 そしてそこからはいつもの展開へ。
しょぼ~い親子がしょぼ~い金魚を釣っていると、どこからか白馬の王子様がやって来て…
って、今日は王子様だらけじゃ~っ!!!
あっと言う間に、あらら不思議、うちのクーラーボックスがソウダガツオちゃんで満タンになりましたとさ。
めでたしめでたし。
ありがとう、王子様たち。



 あまりにも嬉しいので、この喜びを分かち合える友だちファミリーのところへ直行。
案の定、すげ~っ!!!うまそ~!!!と大喜びされたので、調子にのって8尾ぜんぶ3枚におろし、
刺身、から揚げ、残りはみりん干しとなって成仏して頂きました。
ありがとう、ソウダガツオ君たち。
それにしても、仲間と一緒に「うま~っ!」を連発して食べる夕飯は、やっぱいいよな。
楽しい連休だったぜ。





  1. 2012/10/09(火) 08:59:31|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

My 墓活論

 今日は私の墓活論をひとつ(笑)。

 私、絶対お墓に入りたくないんです。
なんでそんなに嫌なのかというと、あの閉鎖的な雰囲気というか、
土が湿ってて石が重そうで…っていう感じが耐え難いからです。
そんなところに埋められるのかと思うと、今から気が滅入るじゃないですか。

自分はすでに今から夫や息子に「散骨ね、散骨。絶対に散骨でお願いね」って頼んであります。
しかもカリブ海に(笑)。
撒かれた私の骨粉が、ブルーやイエローの熱帯魚に食べられたり、ヤシの揺れる白い砂浜に流れ着くなんて
それこそが極楽浄土じゃないですか。
大好きな人々が船の上に集まって、タコス食べてビール飲んで、サルサ聞きながら撒いてくれたら最高です。
私の人生はハッピーだから、やっぱ最後もハッピーに送られたい。
仲間や子孫から「ホントに楽しい散骨だったね~」って言われたいんです。

本気っすよ。人は笑うかもしれないけれど。
思いっきり楽しく生きるっていうことは、そういうことかな~って感じてます、最近。




  1. 2012/10/03(水) 19:04:07|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1