a photo a day

                            

ダイアン・アーバス

「甘い地獄」を撮っていた頃、ロサンゼルスにあるLACMAというミュージアムで
ダイアン・アーバスの大回顧展がありました。
「Revelation」の出版に合わせた展示内容で、プリントはもちろん、アーバスの遺品で再現した暗室や
オリジナルのコンタクト・プリント、自筆の日記などを数多く見ることができました。

彼女が自殺した写真家だからでしょうか、展示空間に胸が締め付けられるような濃い空気が立ち込めていて
目に何度も涙が溜まったことを覚えています。
客層が広く、中でも50歳以上の層の厚さを見て驚きました。
1ヶ月ほどの開催期間に4回足を運びましたが、今でも展示の細部が目に浮かびます。
今まで見た写真展の中で、最も印象的だったと思います。

だから・・・やはり「甘い地獄」の中に影響が見えているのではないでしょうか。


Revelations.jpg
  1. 2011/06/24(金) 19:26:44|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アンデルス・ピーターセン | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://35mm36.jp/tb.php/58-731cc54e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)