a photo a day

                            

古いレンズ

レンズに光が通る時に生じる歪みやボケを、ゼロにするのは不可能なんだそうですね。

欠点のないレンズは誰にも作れない。
だから歴史に残る設計者たちは、どこまで収差ゼロに近づけるか頭を悩まし
それぞれ個性の強い傑作を発表し、競い合ってきたんだと思うのです。
だから私は古いレンズに、温かい人間の匂いを感じます。

今はコンピュータが、異次元的な計算法で、超人的な設計をしてくれる時代です。
高性能レンズと呼ばれる大手メーカーの製品はどれも、確かに“高性能”だと思うのですが
逆に欠点が何も見えないことが、私には物足りません。

私は1950年代に作られたレンズが特に好きです。
もっともっと個性的なレンズと出会い、使い続けていきたいと思います。



  1. 2011/07/03(日) 20:55:52|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツアイス・イコンの置時計 | ホーム | ヒーロー系。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://35mm36.jp/tb.php/69-5cfccf0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)